耐震性能のお話

0120-59-0808
営業時間 9:00~18:00

メニューを開く

ブログ

2021/10/31

耐震性能のお話

こんにちは、トーリンホームです!

すっかり秋めいてきて、やっと過ごしやすい気候になってきました✨

さて今回はお客様からも沢山ご質問を頂く【耐震性能】のお話。

万が一の災害の時、ご家族の命を守る大切な耐震性能。

阪神・東北・熊本と、頻繁に起こる大地震がいつ来るか分かりません。

住宅の性能を考えられる際に、まず優先的に耐震を考えられる方も多いのではないでしょうか?

とは言え、どんな基準で選べば良いのか分からないという方も多いはず!

よく『耐震等級』や、『等級3相当!』というワードを目にすることも多いかと思いますが…

…それって一体何??という所からご説明です😊

耐震等級って何?

耐震等級とは、地震に対する建物の強さ(耐震性)を表す指標です。

地震があった際に建物がどのぐらい耐えられるのか、地震に強い建物かどうかなどを判断しています。

耐震等級は、建物の耐震性に応じて3つのランクに分けられています。

等級は数字が大きければ大きいほど耐震性が高いと評価され、耐震等級3が最高等級となります。

現在多くの住宅メーカーさんは、この最高等級の耐震等級3を基準とした家づくりを進めていますが、ご自身で建てる住宅の耐震等級を正確に知ろうと思うと、費用が発生したりと少しハードルが高くなるケースもあります。

勿論トーリンホームでも、耐震等級3の住宅をご提案しています!

が、「耐震等級3です!」と言われても何となく大丈夫そう…というくらいで、あまりピンと来ないですよね。

そこでトーリンホームではもっと分かりやすく、よりご安心頂けるように新たな取り組みをスタートしました!!

実際のお住まいの耐震性能を見える化!

これから建築するお住まいがどのくらい地震に耐える力を持っているかはとても気になるところ。

とは言え、実際のお家を揺らすことはできません。

そこで、間取りや屋根、外壁が決まった段階でコンピューター上での耐震シミュレーションを行っています。

住宅の構造・重さ等正確なデータを入力することにより、本当に揺らしたのと同程度の検証結果が得られます。

現在建築が進んでいるお客さまのお家で、阪神大震災が来たと想定して検証したところ…

【1回目】

1回目ではほぼ損壊は見られませんでした。

という訳で、何度か阪神大震災の波形を繰り返し当ててみたところ…

【5回目】

赤くなっている部分がダメージを大きく受けている部分ですが、さすがにここが限界のようです💦

6回目では倒壊してしまいましたが、阪神大震災には5回程度耐えられる想定のお住まいであることが分かります🏠

全く同じ地震が発生するということはありませんが…

命を守るため、過去の震災で倒壊しにくいお住まいを建築することはとても重要なことだと考えています。

是非お住まいの性能を考える上で、参考にしてみてください😊

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たちトーリンホームは愛知県東三河エリア(豊橋・豊川・新城・田原・蒲郡)を中心に、完全自由設計の注文住宅を手掛けている工務店です。

高気密・高断熱でメンテナンスコストや光熱費を抑える「お金の貯まる家づくり」を、安心価格でご提案しています。

勿論ローンのご相談や土地探しも全力でお手伝いします。

また、リフォーム・リノベーションのご相談も承っています。

豊橋中日ハウジングセンター内のモデルハウスに是非一度遊びに来てください!

CONTACT

どんなことでもお気軽にお問い合わせください!

営業時間 | 9:00~18:00

CONTACT CONTACT

CONTACT イメージ写真

CONTACT

どんなことでもお気軽にお問い合わせください!

0120-59-0808

営業時間 | 9:00~18:00

カタログ請求お問い合わせ

展示場見学

完成見学会イベント情報

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 トーリンホーム株式会社.
All Rights Reserved. Created by Co., Ltd.ABABAI.