ページトップへ

お客様の声

  • 『スタイル別』
  • すべて

古民家風の家『愉の間』

豊川市S様邸

古民家風の家『愉の間』

データ

おうちの名前 愉の間
ご家族 ご夫婦、お子様2人
1階床面積 82.23㎡(24.87坪)
2階床面積 48.86㎡(14.78坪)
延床面積 131.09㎡(39.65坪)

家をつくろうと思ったのは5、6年前です。鉄骨は自然に還らないからイヤだなと思い、木造の家を手がけている住宅会社を中心に展示場を見て回りました。その時は下調べという感じで、本格的に検討し出したのは2009年くらいから。それまでに大手ハウスメーカーから地元の工務店までひと通りは見ており、大手も悪くないけれど、地域密着型の地元の会社の方が後々安心だと考えるようになっていました。

お訪ねした時は、たまたまイベントがあって営業の方が出払っており、応対してくれたのは設計士の鈴木さんでした。私たちの話を聞いて、「Sさんがつくりたい家って、こんな感じですか?」と、その場でサッと描いてくれた図面に私たちは驚きました。妻いわく「ビビッと来た」そうで(笑)、そこには私たちが「こうだったらいいな」と思っていたものの大枠が、形になって表されていたのです。

じつは私もジャンルは違いますが建築畑の仕事をしており、妻も結婚前は建築に関わる仕事をしていたことがあります。ですから展示場を回っていた時にも、経験の少ない営業担当の方だと頼りなくて、正直言って話すのが苦痛でした。しかもそういう人に限って、プランをお願いすると、設計士にこちらの意図が伝わっていないことが多いのです。

そういう経験をしていたので、鈴木さんの水際立った応対には気持ちがすーっとしましたね。それで一気にトーリンホームさんで建てたいという気持ちが高まりました。