ページトップへ

古民家再生

古民家再生

 

古民家を現代に生かす試み

材木商を母体としているトーリンホーム。生きてきた年月と同じだけの寿命を、家の材となってからも保ち続ける木の命を、生かしきりたいという思いは誰よりも強く持っています。

そこで取り組んでいるのが古民家再生事業。家の骨組みはそのままに、家をいったん浮かせて基礎を補強し、構造材の傷んだ部分を一本一本手作業で補修していく工事は、技術を要求されるうえに手間暇もかかる大仕事ですが、同時に先人の知恵と技を学べるまたとない機会でもあります。

仕上げの際にも、現代の生活に即した快適性・居住性は確保しつつ、古材の持つ味わいを随所に活かし、家にしみ込んだ思い出や愛着を壊さないよう配慮しています。

古民家にお住まいの方で、再生か建替えかでお悩みの方は、一度私たちにご相談ください。木と伝統建築を愛する者として、真心こめたアドバイスをさせていただきます。

  古民家を現代に生かす試み

 

 

古民家再生の一例
築80年の古民家が、北欧風の2世帯住宅に

築80年の古民家が、北欧風の2世帯住宅に

最初にこちらのお宅におじゃました時、2世帯リフォームと言う事でお伺いしました。玄関を入り、昔ながらの日本家屋という感じで、左手に座敷が4間、右手奥に昔のかまどがありました。

リフォームプランでは、2階の小屋組の野物(丸太)と大きな棟桁を生かして、小屋組表しの勾配天井の仕様にしました。骨組みだけを残し、後は全て撤去します。基礎は新しくベタ基礎を打ち込むので建物を1m50㎝程浮かせ、新しい基礎・土台の上に載せていきます。

 

 

いよいよスタートです

【解体工事】

壁や屋根を全て撤去し、骨組みだけにします。通し柱等の太い柱はしっかりしていますが、その他の柱の下の方は傷んでいました。このあと、家を浮かせる工事(曳家工事)に入る前に、補強工事をしました。

  解体工事
【曳家工事】

建物全体をジャッキで人の頭の高さまで上げていきます。全て人力(!)です。

  曳家工事
【基礎工事・土台敷き】

まず、元地の突き堅めを行い、砕石を敷き詰めてから、 基礎の配筋を行いました。基礎は、新築物件と全く同じ仕様のベタ基礎になります。コンクリート打ちを行い養生期間をとったあと、土台敷きをしました。

  基礎工事・土台敷き
【建物が元の位置へ】

建物が元の位置に降ろされました。寸法出し通りに納まり、ひと安心。

  建物が元の位置へ
【外部工事・屋根工事】

外廻りの柱、屋根下地工事は、ほぼ完了しました。煙突の形も出来上がりました。

  外部工事・屋根工事

瓦葺き工事が完了しました!右の写真は、玄関から見た、吹き抜け部分です。新旧の材料が入り混じっています。

  瓦葺き工事が完了しました
【床組工事】

1・2階の床組工事を行っています。しっかり断熱材を施工することで暖かい家になります。右の写真は1階の天井です。昔ながらの家で天井が低かったので、2階の天井を利用し、梁を出して踏天仕上げにしてあります。

  床組工事
【天井下地板張り・壁胴縁・壁張り】

2階の天井に塗る珪藻土の下地となる、ラスボードが張られました。立派な梁の形に合わせ、棟梁が苦労して加工していました。右の写真は壁の胴縁を施工中の棟梁です。

  天井下地板張り・壁胴縁・壁張り

みがきやさんが、古い梁を磨いてくれました。 黒かった梁が、きれいになりました。

  みがきやさんが、古い梁を磨いてくれました

 

こんなに素敵になりました

外観

外観

 

玄関

玄関

リビング

リビング

キッチン

キッチン

 

和室

和室

吹き抜け

吹き抜け

 

寝室

寝室