ページトップへ

お客様も「チーム」です

お客様も「チーム」です

「どんな家がほしいの?」。
聞かれてもわからないのが当たり前です

住宅会社とお客様とが大きく異なっている点、それはひと言で言えば家づくりをしたことがあるかないかという違いです。それなのに住宅会社は「どんな家がいいですか?」とお客様に尋ねます。
それがわからないから、住宅展示場に出かけるんですよね?(笑)

一方で、私たち住宅会社にもわからないことがあります。 そうです、お客様のことです。これまでどんな暮らしをしてこられて、これからどんな風になりたいと思っていらっしゃるかを、私たちは何も知りません。それなのに住宅会社は、ざっとした家族構成を聞いただけで「お客様にはこのような家が…」と勧めたりします。よく考えると何だかとても変です。

家づくりについては、私たちはお客様よりは経験も積んでいるし、役に立つ知識も持っています。でも、お客様ご自身のことについて、一番よく知っているのはやはりお客様しか居られません。双方が力を合わせてこそ希望通りの家が出来上がると、私たちが考える根拠はそこにあります。

  「どんな家がほしいの?」。 聞かれてもわからないのが当たり前です

現場に立ってみて、
初めてわかることがたくさんあります

願い通りの家が出来上がるまで、お客様とトーリンホームとは運命を共にするチーム。

だから、プランニングができたら後はお任せ、とは行きません。プランニングから上棟、施工、引き渡しまで、お客様にはしっかりと家づくりに関わっていただきます。

図面で見ていたことが、現場に立って初めて「ああ、こういうことか」と実感されることもよくありますし、「それならこうしたいな」と新しいアイデアが生まれることもあります。だからぜひ、現場には足を運んでくださいとお願いしています。

家づくりの工程表をお客様にもお渡しし、スケジュールを把握していただくようにしているのもそのため。

また、希望されれば我が家の壁を塗る≪壁塗り体験≫もしていただいています。せっかくの家づくりですから、その過程も含めてご家族の思い出に残るイベントにしてしまいましょう!

  現場に立ってみて、 初めてわかることがたくさんあります

次は気になる

「デザインの話」