ページトップへ

法律規制・申請・補助金等

『ZEH』ゼロエネルギーハウス

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、

「パッシブデザインや高気密高断熱で得られる省エネ」と「太陽光発電などの創エネ」の効果を組み合わせて「住まいの年間一次エネルギー消費量」を正味(ネット)でゼロ以下にする住宅の ことです。

※注意 光熱費がゼロになる住宅ではありません。

一次エネルギー消費量とは 石油・天然ガスなどの化石燃料や水力、太陽エネルギーなど、自然界に存在するものから得られるエネルギーのことです。 一次エネルギーを加工して得られる電気などは二次エネルギーと呼ばれています。

【政府の方針】

政府は「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする政策目標を掲げています。 また、経済産業省資源エネルギー庁は2015年4月に「ZEHロードマップ検討委員会」を設立し、12月にはZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に向けたロードマップを取りまとめ、公表しています。 ロードマップによると、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業などの補助事業を2016年度までは実施していく方針を固めており、2017年度以降は延長したとしても限定的で、補助事業を実施するのは遅くとも2018年度末までとしています。  

 

法律規制・申請・補助金等

家づくりあれこれ