ページトップへ

ブログ

  16世紀のネーデルラントを 代表する 画家のブリューゲルは 

現存する油絵は40点ほどで その中の最高傑作 ”バベルの塔”は 24年ぶりの来日です。

バベルの塔… 旧約聖書の中に かつて世界中の人は 同一言語を話していて 団結して

技術を使い 天国への階段-塔を築き始めた。それを見た 神々が人々の思い上がりに激怒し

言葉を通じないようにし ばらばらにし 建設を阻止した とある物語です。

バベルはヘブライ語で混乱を意味するそうです。

 ブリューゲルのバベルの塔は 建設中の様子が緻密な描写で描かれて驚かされます。

大作ですが 作品は60×75cmの大きさです。思っていたより小さかったです。

その絵の中に1400人以上の人々が描かれて、精密さにも驚きです!

作品の前は 止まって見ることが出来ません 歩きながら横目でみるかたちになりますが

芸大生による 拡大の模写や3D映像の説明のコーナーもありますので

作品と見比べながら 楽しむことが出来ました!! 感動です!!

東京は7/2まで、7/18から10/15は大阪の開催となります。

  

         

 

 

 

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全248ページ中)