ページトップへ

ブログ

先日、岡山市民会館で開催された 氷川きよしコンサートツアー2018~日本全国歌の渡り鳥3~へ行って参りました。昼の部のみの参加でしたが、氷川きよしさんの世界を堪能して参りました。

  市民会館は岡山城のお隣さんです。トラック5台総勢46人で来られたそうです。セットも豪華です。

 グッズや写真の販売。

曲順は、1.”じょんがら挽歌” 白い着物に紫の袴姿。吹雪に見立てた紙吹雪の中での歌唱です。

2.”一剣”

3.”箱根八里の半次郎”

4.”白雲の城”

5.”男花” 鮮やかなグリーンの肩にモールのありその上に大きな宝石がキラキラと輝いていて、ロングコート風の軍服みたいな上着の衣装。きよしさんを乗せた台が上昇していきます。ジェット噴射の様にスモークがたかれます。飛んでいるみたいです。高所恐怖症のきよしさん大丈夫でしょうか?

6.”情熱のマリアッチ”ロングコートを脱ぎ、マタドールの様な 緑色に金の鋲がアクセントについている衣装です。ブーツも金色です。

7.”酔わせてオルホ”

8.”新宿ブルームーン” 全身にブルーのバラの花模様が描かれているスーツ姿。

9.”わたしのふるさと”

10.”櫻”

11.”勝負の花道” 赤い色のスーツ。肩の辺りと袖口の辺りに黒い刺繍がしてあります。

ふれあいコーナーです。一人めはナカイスズコさん。いつも近所の方が氷川さんのコンサート前にセットしに来てくれ、終われば報告に来てくれます。今日はその方に誘われ初めて来ました。生の氷川さんは迫力が違いますね?

お二人目は、アラタヤエコさん。ここで、きよしさんが舞台上に正座されたので、西寄さんも正座されようとしたら、ひっくり返ってしまわれ、「脚がつってしまって。」と立ってトークをされました。そういえば西寄さんはトークライブで、和式のトイレにしゃがめないとおっしゃっていたのを思い出しました。内容はいつも一緒にコンサートに来ていたお姉さんがB型肝炎になられたので、今日は一人で来ました。現在はだいぶ良くなったので、次回は一緒に行けると思います。とのこと。おまけに 29歳の娘さんが西寄さんをコンサートで見て 一目ぼれしたので、嫁に貰って下さい。とのことで、西寄さんは玉のような汗をかいていらっしゃいました。

12.”俺ら江戸っ子浅太郎” 夜の部は違うカップリング曲を歌唱されるそうです。

13.”炭坑節”

14.”北の螢” 森進一さんの歌唱も良いですが、きよしさんの”北の螢”は全く別の歌の様です。素晴らしい。

15.”おまえに惚れた”

16.”人形の家” 女性の歌も上手なきよしさん。弘田三枝子さんと違った魅力で歌われます。

17.”柔道” 薄い萌黄色の着物に 萌黄色の袴姿でです。

18.”大井追っかけ音次郎”

19.”ちょいと気まぐれきまま旅”

20.”男の絶唱”

アンコール

21.”きよしのニッポン全国歌の渡り鳥” レインボーカラーのタキシードです。

22.”勝負の花道” 新曲をまた聴けました。元気がでる曲ですね?

23.”きよしのソーラン節”

24.”きよしのズンドコ節”

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全258ページ中)