ページトップへ

ブログ

 平安時代 藤原頼道によって 極楽浄土を現世に再現された 平等院鳳凰堂は

池の中島にあり 水面に映りこむ全体の姿の素晴らしく美しいこと!!

平成の大修理を終えて 古色を重視した丹土:につち(酸化鉄と黄土をまぜた)の朱色になり

 神々しさは 一見の価値ありです。

 国宝の阿弥陀如来坐像は 仏師定朝作の唯一現存する素晴らしい仏像です。

作りは ヒノキの寄木作りの上に漆箔をのせてあります。

風土に合っている ヒノキの丈夫さに感心してしまいました。

無垢のヒノキ主体の構造材にこだわる弊社のポリシーに繋がります!

  

                                                                                   平等院鳳凰堂画像より

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全258ページ中)